寝起き一重を解消する3つのポイントを知って朝からスッキリした二重に!

ハル
ハルさん、寝起きだけ一重になるのって解決できますか?
アイ
できますよ♪今回は寝起き一重を解決する方法をお伝えします♪

なんで朝起きると一重に戻っちゃうの!
朝から一重の顔を見ると辛くなる・・・

そんな経験ありませんか?

私も以前は朝起きると一重になってしまうことがあり、その度ため息をつくという負の朝を過ごしていました。

しかし、今は原因と対策を勉強したことで、一重に戻ってしまうことが少なくなりました。

そこで今回は、寝起きに一重になってしまう原因と解決方法をご紹介します!

これを読んで、朝から素敵な二重で1日を過ごしてくださいね♪


寝起き一重の原因は◯◯だった!?

寝起きに一重になってしまう一番の原因は、
「むくみ」です。

血流が悪く体外に水分が排出されにくい人は、たまった水分によって顔がむくんでしまうことがあります。

特に、寝ている間は同じ姿勢でいる時間が長くなるので体の血流が悪くなりがち・・・

まぶたの皮膚は薄いため、むくみの影響を受けやすく朝起きると一重になってしまうということが度々あります。

ハル
寝起き一重の原因は「むくみ」だったんですね。
アイ
次は、むくみにくい目元を作っていきましょう!

むくみの原因を知ろう!

寝起きに一重になってしまう原因が「むくみ」にあったことを知ったところで

次は、むくみを引き起こしてしまう原因をご紹介します。

朝からスッキリとした二重になるためにも原因をしっかり見直していきましょう。

①塩分のとりすぎ

体に悪いと分かっていても夜にお腹が空くと、お菓子やカップラーメンを食べてしまうことってありますよね(汗)

ただ、塩分の取りすぎは、まぶたのむくみに繋がる原因の1つになります。

塩分の多い食生活が続くと体は、体内の塩分濃度を調整しようと水分の排出を抑えてしまいます

そのため塩分を多く摂った日や、摂りすぎた日が続くと、まぶたがむくんでしまいます。

②冷えによるもの

冷えも「むくみ」の原因の1つです。

体が冷えると血管が縮み血行が悪くなります。

そうすると、静脈での水分回収が鈍り、老廃物を処理しきれなくなり「むくみ」を引き起こしてしまいます。

冷房の効いたオフィスや教室で、同じ姿勢で座ったままだと

血行が悪くなり、むくみやすくなってしまうので気をつけましょう!

③うつ伏せで眠る

うつ伏せで寝ることも、「むくみ」の原因になってしまいます。

うつ伏せで寝ると重力で血液や老廃物が顔に溜まり、朝起きたら顔がむくんでパンパンになっていた・・・ということになっていしまいます。

私も、たまにうつ伏せで寝てしまうのですが、そうすると翌朝、顔がパンパンに膨れ上がり

おまんじゅうか!というツッコミをいれたくなってしまうほど、むくんでしまいます・・・

むくみにくい目元の作り方

  1. 塩分を控える
  2. 温活する&運動をする
  3. うつ伏せで寝ない

この3つのポイントをしっかりと押さえることで、むくみにくい目元を作ることができます!

朝を気分良く過ごすためにも、意識すべきところをしっかりと意識していきたいですね。

①塩分を控える

極力、味のものや塩分が高いものは避けるようにしましょう。

しかし、塩分は体にとって必要なものです。

お塩を使うのであればなら岩塩、塩気がほしい時はレモンを代わりに使うといいですよ!

「減塩でも美味しいものが食べたいよ!」という方には

以下の動画がオススメです♪

 

ハル
私もラーメン大好きです♪
アイ
塩分の高い食事はほどほどにです。

②温活をする

温活をして、冷えから体を守りましょう!

オフィスや教室でもできる簡単な温活方法をご紹介します。

【簡単な温活方法】

ひざ掛け

下半身から温めて血行をよくすることで、冷えから体を守ることができます。お腹から足首まで覆える大きめのものが良いです。

厚手の靴下をはく

足は第二の心臓の役割を果たしてるとも言われています。厚手の靴下をはき、下半身から体を温めましょう。

携帯カイロ

冬に女子が持つマストアイテム。お腹に貼って、お腹から体を温めるのも◎冷えを解消するツボが多くある、おへその下6〜7cm温めると効果的です。

ハル
女性は、冷え性の方が多いので気をつけたいですね。
アイ
日頃から、運動を行うとさらに良いですよ♪

③うつ伏せで寝ない

うつ伏せで寝ることが難しい方は、抱き枕を使って横向きで寝てみてください。

抱き枕を抱えて眠る形になるので、うつ伏せの状態にはなりにくいです。

最終的に仰向けで眠る場合は、低い枕を使って眠るようにしましょう!

ただ、抱き枕に目を押しつけないように気をつけてください。

目元のむくみを改善する方法

しっかりと対策しても、むくんでしまうことはあります。

むくんでしまったときに私がやっている方法をご紹介します!

  1. 温冷刺激(蒸しタオル)
  2. リンパマッサージ

どれもお手軽にむくみ改善できますので、チャレンジしてみてくださいね♪

温冷刺激(蒸しタオル)

蒸しタオルと冷たいタオルを交互に、まぶたに当てることで毛細血管の血行をよくして、まぶたのむくみをとる方法です。

蒸しタオルは、水で濡らしたタオルを水が垂れてこない程度に切ってレンジ(500ワット)で60秒加熱してください。

タオルを加熱した後は、絞ったタオルの中が熱くなっていることがありますので

火傷やけどには注意してくださいね。

「蒸しタオルを用意するのが面倒くさい」という方は、お風呂に入ったあとにマッサージを行いましょう。

【温冷刺激の手順】

  1. 蒸しタオルをまぶたに当てて、2分くらい目元を温める。
  2. 冷たい水を染み込ませたタオルをまぶたに2分くらい当てる。

これを何回か繰り繰り返します。

②のタオルは、冷たい水を染み込ませ水をしぼったタオルです。

この方法は、まぶたの「むくみ」を取るだけでなく、目の疲れも取ることができます♪

仕事終わりや、勉強終わりにやるとリラックスできてオススメですよ!

まぶたのリンパマッサージ

リンパは体に流れる老廃物や余分な水分を回収するのが役目です。

いわゆる体内の清掃係のようなものですね。

リンパマッサージをすることによって、

  • 体内の余分な老廃物や水分を体外へ促す
  • 血行を良くし脂肪を燃焼させる

などの効果が見込めます。

リンパマッサージの手順

上まぶたのリンパ液を流す

人差し指と中指の腹を使って、目頭、目尻、耳の近くのリンパ節まで、リンパ液を優しく流していきます。

コメカミ辺りの耳介リンパ節を通ったら、優しく首元、肩へとリンパ液を流していきましょう。

マッサージする指は、中指と薬指でも構いません。マッサージしやすい指を使ってくださいね♪

下まぶたのリンパ液を流す

下まぶたも目頭、目尻、耳の近くのリンパ節まで、リンパ液を優しく流していきます。

このマッサージを両目で行いましょう。

  • マッサージは朝と夜に数回、行なってください。
Check!マッサージの回数は、まぶたの脂肪の量やむくみの程度で変わってきます。ちなみに私の場合は両目で10回くらいやっています。

マッサージのポイント!

マッサージをするときは、以下のポイントを意識して取り組んでみてください!

意識することで効果が変わってきますよ♪

POINT

  1. マッサージ用のクリームを使うこと
  2. 優しくマッサージをする

マッサージ用のクリームを使うことで肌の滑りが良くなり

マッサージの効果を高めたり、摩擦による肌へのダメージを少なくしたりすることができます。

乳液でも代用できますが、肌への刺激が少ないものを選ぶようにしましょう。

また、マッサージをするときは優しくマッサージをすることを意識してください!

マッサージする際、力を込めてマッサージをしてしまうと、

肌へダメージを与えてしまい肌トラブルの原因やまぶたが伸びてしまう

ことにも繋がりかねません・・・

 

ハル
これで、朝もバッチリですね♪
アイ
原因を見直して、朝から素敵な二重になってくださいね。

寝起き一重を回避する方法 まとめ

寝起き一重を回避する方法について振り返ると

  1. 塩分を控える
  2. 温活をする
  3. うつ伏せで寝ない

このポイントを意識して生活をすることで、朝から素敵な二重をてにい入れることができますよ♪

生活のなかに適度な運動を取り入れると、さらに良いですね!