まぶたの脂肪を燃焼させて、すっきりとした目元を手にいれる方法を解説!!

アイ
まぶたの脂肪が多すぎてアイプチは取れるし、クセづけもできないし、どうしたらいいですか(泣)
ハル
まぶたの脂肪は、二重の敵ですよね。まぶたのむくみ・脂肪を落としましょう。

アイプチをやってもすぐに取れてしまう。まぶたの脂肪が多くて、二重が癖づかない・・・

まぶたの脂肪を落としてすっきとした目元を手に入れたいけど、整形は費用も高いし怖さもあるからできない・・・

そんな経験はありませんか?

私は生まれつきの厚い一重まぶたが、ずっとコンプレックスだったのでまぶたの脂肪が落ちない悩みや一重の辛さが痛いほどわかります。

そこで今回は、一重まぶたから自力で二重になった私が、まぶたの脂肪を燃焼させる方法をご紹介します!

これを読んで、すっきりした、まぶたを手に入れてくださいね。

アイ
まぶたの脂肪を燃焼させるぞ〜!
ハル
すっきり、まぶたを手に入れましょう!

 

まぶたの脂肪を何とかして落としたい!

私たち日本人は、まぶたの皮下脂肪が多く(寒い地域で生活していた先祖の名残らしい)一重まぶたの割合が多いです。

まぶたの皮下脂肪が多いと二重の癖づけをしても二重のラインがつきにくく、アイプチをしてもすぐに取れてしまいます・・・

マッサージやトレーニングでまぶたの腫れぼったさを解消し、すっきりとした美しい目元を手に入れましょう。

 

まぶたの脂肪を燃焼させる方法!

ここでは、まぶたの脂肪を燃焼させる方法を

2つご紹介します!

  1. リンパマッサージ
  2. まぶたの筋トレ

継続してやれば、しっかりと効果が出ますのでチャレンジしてみてください♪

 

まぶたのリンパマッサージ!

【準備編】蒸しタオルを用意する

マッサージをする前に、蒸しタオルを用意します。

マッサージをする前に蒸しタオルをまぶたに2〜3分、当てることで血行が良くなりマッサージの効果を高めてくれます。

【蒸しタオルの作り方】

  1. 水で濡らしたタオルを水が垂れてこない程度にしぼる
  2. レンジ(500ワット)で30〜40秒加熱する

「蒸しタオルを用意するのが面倒くさい! 」という方は、夜にお風呂に入ったあとにマッサージを行ってください。

お風呂に入り体が温まっている状態でマッサージをすると、血行が良くなっているのでマッサージの効果が高まります。

アイ
血行をよくすると効果的なんですね♪
ハル
この一手間を加えるだけで、効果が全く違いますよ!

【実践編】リンパマッサージの手順

ステップ① 上まぶたのリンパ液を流す

①人差し指と中指の腹を使って、目頭、目尻、耳の近くのリンパ節まで、リンパ液を優しく流していきます。

まぶたは、非常に薄いので優しく流すようにしましょう。

マッサージする指は、中指と薬指でも構いません。マッサージしやすい指を使ってくださいね♪

 

ステップ② 下まぶたのリンパ液を流す

②下まぶたも目頭、目尻、耳の近くのリンパ節まで、リンパ液を優しく流していきます。

このマッサージを両目で行いましょう。

このマッサージを朝と夜、5回行なってください。

ただし、これは目安なので、まぶたの脂肪の量やむくみの程度で変わってきます。

マッサージを行う中で自分にあった回数を見つけてくださいね。

 

マッサージのポイント!

マッサージをするときは、以下のポイントを意識して取り組んでみてください!

意識することで効果が変わってきますよ♪

POINT

  1. マッサージ用のクリームを使うこと
  2. マッサージは気持ちいいと思える力加減よりワンランク下げる

マッサージ用のクリームを使うことで、滑りを良くしマッサージの効果を高めることができます。

乳液でも代用できますが、その際は肌の刺激が少ないものを選ぶようにしましょう。

また、まぶたは非常に薄く、強くこすり過ぎてしまうと肌トラブルの原因になってしまいます。

マッサージする力を自分の気持ちいいと思える力加減よりワンランク下げることで、肌への刺激を少なくすることができます♪

マッサージの方法は、他にもたくさんあるので自分にあった方法を探すのもいいですね!

以下の動画では、朝の1分でできる簡単マッサージを紹介しています。

わかりやすくて、とにかく簡単なので朝の時間に余裕がない方でも取り組みやすいと思いますよ。

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

 

肌荒れしてしまったら

もし、マッサージをして、まぶたが肌荒れを起こしてしまったら、一旦マッサージをストップして様子をみてください。赤みや腫れがひどいようなら、皮膚科などの医療機関を受診するようにしましょう。

 

ハル
肌トラブルには、注意してくださいね。
アイ
気をつけます!

 

 

効果抜群!まぶたの筋トレ

次に、まぶたの筋肉を鍛えるトレーニングをご紹介します!

このトレーニングは、目の周りの筋肉を鍛えることで、血液の流れ促進させ脂肪を燃焼させるための運動です。

まぶたの脂肪が多くて、アイプチをやっても取れてしまう・・・というお悩みを抱えている方は、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

 

①5秒間、目を大きく見開く

眉毛が上がらないように5秒間、目を大きく見開いてください。

ただ目を開けるのではなく、目の周りの筋肉(眼輪筋がんりんきん上眼瞼挙筋じょうがんけんきょきん)を意識して、目を大きく見開きましょう。

イメージとしては瞳に力を入れ、目玉を奥に引っ込めるような感じです。

初めは難しいと感じられるかもしれませんが、毎日やることで慣れてきますよ!

POINT

  • 目を見開くときは、眉毛を動かしたり、おでこにシワをつくらない
  • 目の周りの筋肉を意識して、目を見開く

 

②5秒かけて、ゆっくりと目を閉じる

眉毛が上がらないように3秒かけて、目をゆっくり閉じてください。

顔の筋肉に力が入っていないのを感じながらリラックスして目を閉じてくださいね。

心の中で、「1、2、3」と数えながら、目を閉じるといいですよ♪

 

POINT

  1. 顔に力を入れないようにリラックスした状態で、目を閉じる
  2. 心の中で「1、2、3」と唱えながら、ゆっくり目を閉じる

 

③5秒間、目をギュッと閉じる

軽く目を閉じたら、ギュッと5秒間目に力を入れて、その状態をキープします。

少しつらいですが、その状態を5秒間キープしましょう。

目の中心にギューっと力を絞り込むイメージです!

 

POINT

  • 目に力を入れた状態で5畳間キープ
  • 目の中心にギューっと力を絞り込むイメージ

 

注意事項

ただし、気分が悪くなるほど、目に力をいれる必要はないですので注意してください。

④5秒間かけて、ゆっくりと目を開ける

5秒間、目をギュッと閉じたら、5秒かけてゆっくりと目を開けましょう。

ただ目を開けるのではなく、目の周りの筋肉を持ち上げるように意識してゆっくり目を開けましょう。

①〜④のセットを1セットとして、5セット繰り返してください。

このトレーニングを毎日行うことで、まぶたの脂肪やまぶたのたるみ予防に繋がりますよ♪

私もマッサージと一緒に、このトレーニングを毎日コツコツやったことで、まぶたが徐々にすっきりしていき、二重まぶたを手にいれることができました。

POINT

  • 目の周りの筋肉を持ち上げるように意識する
  • 毎日コツコツ取り組もう

 

アイ
2つとも、今日からできる方法でしたね!
ハル
ぜひ、今日からチャレンジしてくださいね♪

まぶたの脂肪を燃焼させる方法 【まとめ】

まぶたの脂肪を燃焼させる方法をまとめると

  1. まぶたの脂肪を燃焼させるマッサージをする
  2. まぶたの脂肪を燃焼させるトレーニングをする

この2つを毎日少しずつ行うことで、スッキリした目元を手にいれることができますよ♪

ただ、マッサージをするときは力加減に気をつけましょうね!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください