アイトークの使い方をマスターして自然な二重を手に入れよう!!

アイ
ハルさん、アイトークの使い方を教えてください!
ハル
では今回は、アイトークの使い方についてお話しますね♪

いろいろな種類のアイプチがある中で、多くの人に支持率されているのがアイトーク。

かわいいピンクのパッケージを見かけてことがある方も多いですよね♪

私もアイプチを始めた頃からお世話になっている、とても優秀なアイプチです!

ピンクのアイトークは1本918円で買えるので、アイプチ初心者さんや学生さんにも強い味方。

そこで今回は、ピンクアイトークの使い方や種類について紹介します!

アイトークで自然な二重の作り方を覚えて、素敵な二重を手に入れましょう。

アイ
よろしくお願いします!
ハル
では、いってみましょう♪

 

 

早速やってみよう!アイトークの使い方とは?

今回はアイトークを使った基本的なアイプチのやり方についてご紹介します。

大まかな流れとしては、

  1. アイプチをする前に、まぶたの皮脂や汚れを落とす
  2. 二重のラインを決める
  3. アイプチをまぶたに薄く均一に塗る
  4. アイプチを乾かす
  5. プッシャーで二重を作る

ポイントをしっかりと押さえて、自然な二重を作っていきましょう♪

 

アイプチをする前に、まぶたの皮脂や汚れを落とす

まずはアイトークで二重を作る前にクレンジングや化粧水を含ませたコットンを使って、まぶたの皮脂や汚れを拭き取ります。

アイプチをするときに、まぶたに皮脂や汚れが付着しているとアイプチが取れやすくなってしまいますので忘れずにするようにしましょう!

汚れや皮脂を拭き取るときは、力を抜いて優しく拭き取ってあげてくださいね。

ゴシゴシ拭いてしまうと、まぶたに強い刺激を与えてしまい肌トラブルの原因になって最悪アイプチができなくなってしまう可能性があります。

 

二重のラインを決める

続いて、アイトークに付属しているプッシャーを使って二重のラインを決めていきます。

自分の二重の幅がわからないという方は、まつ毛の生え際から5mm〜7mmくらい上の部分をプッシャーでなぞってみてください♪

まつ毛の生え際から5mm〜7mmくらい上の部分が一番二重になりやすいと言われています。

また、蒙古襞の有無によっても理想の二重になるかどうか変わってきますので、自分のまたぶに蒙古襞があるかないかチェックして自分の顔に似合う二重を見つけましょう。

二重の種類を徹底解説!?自分に似合う二重の見つけ方を教えます!!

 

●それでも二重のラインが決まらないときは?

まぶたの脂肪が多い方は、二重のラインがなかなか決まらないかもしれません。

私も腫れぼったい一重まぶただった頃は、二重のラインが全然決まらなくてイライラしてしまった経験があります(汗)

二重のラインが決まらない場合はアイライナーで二重のラインを薄く書いておくと、プッシャーで二重を作るときにやりやすいのでオススメです。

また、マッサージやまぶたの筋トレを行い目元をスッキリさせることで二重のラインが見つかりやすくなりますよ♪

 

アイプチをまぶたに薄く均一に塗る

二重のラインが決まったらアイプチの液を筆でとり、まぶたに薄く均一に塗っていきます。

筆で取るアイプチの量が多いとアイプチが乾くのが遅くなったり、アイプチやってます感が強くなってしまうので、一回で塗るアイプチの量は少なくしましょう!

 

イメージとしてはこんな感じです。

アイプチを塗る回数に関しては、アイプチを使って二重を作る回数が増えるうちに自分のまぶたにあった回数が分かってくると思います。

私のまぶたは2、3回がベストでした♪

 

 

アイプチを塗るときは、

  • まつ毛の生え際は塗らない
  • アイプチは薄く均等に塗る

という意識で私は塗っています。

まつ毛の生え際に塗らないようにすると、アイプチでまぶたをくっつけたときに接着部分が見えにくくなるので自然な二重になります!

 

アイプチを乾かす

アイプチをまぶたに塗ったら、アイプチを乾かしていきましょう。

乾かしすぎると粘着力がなくなってしまい、二重が長時間キープできなくなってしまうので注意してくださいね。

コツは、半透明(テカテカ)に変わったときにプッシャーで二重を作ることです♪

 

プッシャーで二重を作る

アイプチが半透明になったらプッシャーを使って二重を作っていきます。

プッシャーのY字になっている方を決めた二重のラインの真ん中に当て、プッシャーをグッと中に押し込みます。

無理に力を込めて押し込んでしまうと、まぶたや眼球を傷つけてしまう原因になってしまうのでリラックスした状態で行いましょう。

 

●プッシャーで二重を作るときの注意点

ラインが決まらないからといって何度もプッシャーでまぶたを触ると、触った部分が白く目立ったりアイプチがすぐに取れてしまうので注意が必要です!

 

二重を整えて完成♪

最後にプッシャーのY字になっている方の反対側を使い、作った二重を整えていきます。

やり方は簡単で、不自然にくっついてしまった二重の部分をプッシャーを使って整えるだけ♪

この作業をすることで、よりキレイな二重が作れますので最終確認という意味でしっかりとチェックしてしていきましょう。

 

最二重の作り方を動画でチェック!

文章や画像だけでは分からない部分を動画でチェックしてみましょう♪

アイプチで自然な二重を作るためには、何度も練習することが一番ですので何度もチャレンジして納得いく二重を目指してくださいね!

 

 

実はピンクのアイトークだけではない⁈代表的なアイトークの種類について

ピンクのアイトークの使い方について紹介しましたが、アイトークには他にも、いくつか種類があるということ知っていますか?

ここでは、アイトークの中でも王道のものをいくつかご紹介します。

種類によって成分や特徴が変わってくるのでチェックしてみて下さいね!

 

アイトーク

出典:(アイトーク|コージー本舗

定番のピンクのアイトークは塗るときのりは白色ですが、乾くと透明になります。

ホールド力もあり初心者でも簡単に二重が作れるということで販売以来高く支持されている商品とのこと。

アイトークは色々と使いましたが、使いやすさやプチプラの面から考えても上位のアイプチだと思います!

 

アイトーク スーパーホールド

出典:(アイトーク|コージー本舗

こちらも白い液体から透明に変わる対応ですが、なんとウォータープルーフタイプ!

強いホールド力でがっちり二重の線が作れるのに、ヒアルロン酸が配合されているなんて嬉しい限り。

ただ、ウォータープルーフであるため、一度失敗したらクレンジングしないといけないのが少し手間かもしれません。

 

 

クリアアイトークⅡ

出典:(アイトーク|コージー本舗

こちらものりタイプですが、初めから透明なので白浮きが気になってしまう方にオススメです!

緑のアイトークは、ゴムアレルギーテスト済みなので敏感肌でも使えちゃいます。

さらに植物性コラーゲンも入っているんです。

ただピンクのアイトークに比べてしまうとホールド力がないので、まぶた分厚い方は二重が作りにくいかも…。

 

 

アイプチ初心者はどれを使えばいい?

私も全種類試してみましたが、やはり失敗しても修正が効き、かつホールド力もあるピンクのアイトークをオススメします。

初心者の方でも使いやすく、お値段もお手頃なので試す価値はあると思います!

色々試してみて、自分に一番あったアイトークを見つけてくださいね♪

 

アイ
アイトークについて、よくわかりました♪
ハル
色々試してみてくださいね!

 

アイトークの使い方 まとめ

アイトークを使った二重の作り方は

  1. アイプチをする前に、まぶたの皮脂や汚れを落とす
  2. 二重のラインを決める
  3. アイプチをまぶたに薄く均一に塗る
  4. まぶたを乾かす
  5. プッシャーで二重を作る

ポイントをしっかりと押さえて素敵な二重を作ってくださいね♪

また、ピンクのアイトークの使い方に慣れたら色々な商品を試して理想の二重目指していくのもいいですね!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください