アイプチのテカリを防止する方法を知って今よりナチュラルな二重に!

アイ
ハルさん、アイプチのテカリを解決したいです(汗)
ハル
では、今回はアイプチのテカリの対策方法についてお話しますね。

接着式(リキッド)、非接着式(折り込み式)のアイプチ問わず、アイプチがテカってしまい困っている方は多いと思います。

せっかくアイプチで自然な二重が作れたのにテカリが原因でアイプチバレしてしまっては、恥ずかしいですし、もったいないですよね。

そこで今回は、アイプチでテカらないための方法を紹介します!

テカリ問題を解決して自然な二重を作って悩みから解放されましょう♪

アイ
しっかりと勉強します!
ハル
ナチュラルな目元を手に入れましょう♪

 

 

必須!4つのテカリ防止策とは!?

  1. まぶたの皮脂は必ずオフする!
  2. アイプチは極力少量に
  3. パール入りアイシャドウは避けるべし
  4. 綿棒を使ってまぶたを優しくこする

この4つのポイントを押さえて、テカリのすくない自然な二重を手に入れましょう♪

 

①まぶたの皮脂は必ずオフする!

テカリの原因の一つとして考えられるのは、皮脂や汚れがまぶたに残ったままアイプチをしてしまうこと。

まぶたに皮脂や汚れが付着したままだと、あとあとアイプチが浮き上がってテカってしまいます。

そのほかに、アイプチが取れやすくなる原因にも。

これらのことを防ぐためにアイプチをする前は必ず、まぶたの皮脂や汚れを拭き取りしましょう!

【用意するもの】

  • コットンorティッシュ
  • クレンジングor化粧水

 

やり方はとっても簡単で、アイプチをする前にクレンジングや化粧水を含ませたコットンでまぶたの皮脂や汚れを軽く拭き取るだけです。

オフするときに注意したいのが、ゴシゴシと強い力でオフしないことです!

ゴシゴシ拭いてしまうと、まぶたに強い刺激を与えてしまい肌トラブルの原因になって最悪アイプチができなくなってしまう可能性があります。

 

POINT

  • オフすることでテカリを防止できる
  • ゴシゴシせず、優しい力でオフする

 

アイ
優しくを意識するんですね♪
ハル
その通りです!

②アイプチは極力少量にする

アイプチの量をたくさんつけてしまうと、その分テカリが目立ちやすくなります。

アイプチは薄く均一に塗る、塗る範囲は広げすぎないことを意識することでアイプチのテカリを抑えることができます!

【アイプチの量はこんな感じ】

 

重ね塗りするときも、少量ずつ重ねていくことがポイントです!

しかし、重ね塗りすればするほどテカリやすくなります。

たくさん塗らないと二重にならないという場合は、

  • あってないアイプチを使っている
  • まぶたの脂肪が多い
  • まぶたが腫れぼったくなる生活を送っている

など様々な要因が考えられます。

たくさん塗らないと二重にならないという方は、以下の記事を参考に改善してみてくださいね。

 

 

【アイプチを塗る範囲】

アイプチを塗る範囲は、画像のような範囲(半月型)で塗ることを意識すると良いです!

広くしすぎるとテカリがばれやすくなるだけでなく、二重も不自然になってしまいます・・・

これを防ぐためにも、アイプチは正しい範囲で均一に塗りましょう。

 

アイ
これは練習が必要そうですね(汗)
ハル
いっぱい練習するとアイプチが上手になりますよ♪

③パール入りアイシャドウは避けるべし

アイシャドウを塗ると、どうしてもアイプチ部分のところだけにアイシャドウが残ります

もし、パール入りのアイシャドウを付けてしまうとアイプチのところだけパール感が残ってしまい、よりテカリが強調されてしまいます・・・

 

アイ
確かにアイプチした部分だけアイシャドウが残る気がする。

そんなときにオススメなのが、ラメ入りのアイシャドウ

パールに比べてラメは粒が大きく、光をいろんな方向に反射してくれるのでテカリ目立たなくなります。

私は普段、ラメ感が強いベージュ色のアイシャドウを使っていますが、華やかですし、とてもきれいに見た目が仕上がるのでオススメです!

しかも、ベージュのラメシャドウはそこまで発色が強くないので、カラーシャドウの上から塗っても色の邪魔をしないです。

手持ちのアイシャドウを全部ラメ入りにするのは大変なことなので、ベージュ色や無色のラメシャドウを1つもっているとかなり便利ですよ。

 

ハル
持っている化粧品との相性をチェックしてみてくださいね。

 

④綿棒を使ってまぶたを優しくこする

非接着式のアイプチの場合、アイプチを乾かした後に綿棒で優しくこすることで多少テカリを抑えることができます。

強くこすってしまうと白浮きしてしまったり、まぶたを痛めたりしてしまう可能性があるので優しくこすってあげましょう。

ただ、価格が安い非接着タイプの場合は効果が薄いこともあるので、色々なアイプチで試してみることをオススメします!

 

それでもテカっちゃうんです!!! 最終Ver.

それでも、なおテカリが気になってしまう場合は思い切ってアイプチではなくアイテープを試してはいかがでしょうか。

メーカーによってはベージュ色のテープで、もともとテカリが出にくい素材を使っているものも販売されております。

最初は使いなれるのに慣れが必要にはなりますが、アイプチのテカリと比べるとぐっとテカリが抑えられます。

どうしてもという方はアイプチ以外のコスメも試してみましょう!

アイテープの使い方については、わかりやすい動画がありますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。


 

アイ
色々と研究してみます!
ハル
今回の内容を参考に研究してみてくださいね♪

アイプチのテカリ対策 まとめ

まとめると、アイプチでテカリを防ぐには

  1. まぶたの皮脂は必ずオフする!
  2. アイプチは極力少量に
  3. パール入りアイシャドウは避けるべし
  4. 綿棒を使ってまぶたを優しくこする

しっかりと対策をとって、自然な目元で二重を楽しんでくださいね♪

ただ、間違ったアイプチの使い方をすると肌トラブルを起こしてしまいますので気をつけましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください