アイプチの種類を知って、あなたにぴったりなアイプチを見つけよう!

あい
さえはるさん〜!アイプチを使って二重になりたいんですけど、どんな種類のアイプチがあるのか分からなくて・・・
さえはる
たしかに、アイプチって意外と種類があってどんなものを選べばいいか迷ってしまいますよね!
あい
そう!そう!せっかく二重を作るなら自然な二重がいいなぁ♪
さえはる
じゃあ今回は、アイプチの種類や特徴の違いについてお話するね!
あい
はい!よろしくお願いします♪

アイプチの種類と特徴を知ろう!

現在発売されているアイプチは、様々な種類があり特徴もそれぞれ異なります

そのため、なりたい二重幅やあなたのまぶたに

ぴったり合うアイプチを選ばないと二重を長時間キープできなかったり、アイプチバレしやすくなったりすることがあります。

あなたにぴったりなアイプチを見つけるためにも、アイプチの種類と特徴把握はあくしていきましょう。

さえはる
どうせ二重になるなら、本物の二重のように自然な二重を目指したいですよね!
あい
はい!自然な二重がいいです♪

これは、大まかに分けた
アイプチ(二重コスメ)の分類図です。

まず、アイプチを大きく分類すると

  • リキッドタイプ
  • テープタイプ

の2つに分類することができます。

あい
え〜と、リキッドタイプ、テープタイプとっ・・・
さえはる
リキッドタイプの種類と特徴について、詳しく見ていきましょう♪

リキッドタイプの種類と特徴

リキッドタイプのアイプチは、液体のりをまぶたに塗って二重をつくるタイプのアイプチです。

リキッドタイプのアイプチは、バリエーションが豊かで比較的簡単に二重をつくることができるので

アイプチ初心者だけでなく長年アイプチを使っている人にも人気があります。

さえはる
リキッドタイプは、私が長年愛用しているアイプチです♪
あい
あっ、私もこれは知ってます!

リキッドタイプのアイプチには、3つのタイプがあります。

  • 接着式タイプ
  • 夜用アイプチ
  • 非接着式タイプ(折り込み式)

これら3つの特徴やメリット・デメリットについて詳しく見ていきましょう!

 

接着式タイプ

接着式タイプのアイプチは、液体のりをまぶたに塗り、まぶたの皮膚を接着させることで二重をつくるアイプチです。

接着式タイプのアイプチは、アイプチの中で最もオーソドックスです。

そのため、一般的なイメージとしては接着式タイプが「アイプチ」と呼ばれています。

あい
たしかに、アイプチってのりを塗って二重にするっていうイメージがあります!

 

接着式タイプのメリット

  • バリエーションが豊富で、低価格なものも多い
  • アイプチの中で最も扱いやすく、使いやすい

 

接着式タイプのメリットは、

リキッドタイプのアイプチの中でもバリエーションが豊富で、中高生でも買える低価格なものが多いです。

具体的には、汗に強いウォータプルーフタイプや接着力が強いタイプのものがあります。

お財布への負担が少ないという点は中高生にとって、うれしい点でもありますね。

さえはる
学生さんだとバイトが校則で禁止されていたりして、できない場合も多いですよね・・・
あい
はい、私の高校もバイト禁止です・・・

また、まぶたに液体のりを塗りプッシャーという道具で二重をつくるだけなので

二重をつくる感覚がつかみやすく初心者の方でも比較的扱いやすいアイプチです

さえはる
私が初めて使ったアイプチは接着式のアイプチでした♪懐かしい(笑)

 

接着タイプのデメリット

  • まぶたを接着させるので、肌にかかる負担が大きい
  • まばたきで、のりが剥がれてしまうことがある

 

接着式タイプのデメリットは

液体のりをまぶたに塗り皮膚を接着させて

二重をつくるので長時間使うと肌にかかる負担が大きくなることが挙げられます。

そのため、使い方によってはかぶれを起こす原因になってしまうことも・・・

一旦、肌トラブルを起こすと色々とやっかいなので注意が必要ですね。

さえはる
私もアイプチの使いすぎで、まぶたが赤くなってしまったことがあります(汗)
あい
え〜こわいですね(汗)

また、まばたきの動きで、のりががれやすくなってしまうことがあります。

特に体育の授業や授業中の居眠りのあとは要注意!

私は授業中に居眠りをしてしまい、授業が終わったあととなりの席に座っていた好きな人に

「なんか目が変だよ?」という、泣きたくなるような体験をしています(笑)

さえはる
これらのデメリットは対策をとることで、防ぐことができますよ!

夜用アイプチ

夜用アイプチは、夜にアイプチで二重をつくり寝ている間に二重の癖づけをするアイプチです。

朝になってアイプチをとると二重の癖がついているため、日中はアイプチを使わないでも二重をキープできる人もいます。

さえはる
中には、夜用アイプチを使い本物の二重になる人もいるんですよ♪
あい
え〜、すごい!!

また、二重を作る方法としては接着式タイプのアイプチと同じで、まぶたに液体のりを塗り

まぶたの皮膚を接着させることで二重を作ります。

 

夜用アイプチのメリット

  • 人によって本物の二重になれる
  • 肌に優しい成分が配合されている

 

夜用アイプチのメリットとしては

夜用アイプチを使い続けていくことで本物の二重になる可能性が高いアイプチということです。

接着式タイプのアイプチは、基本的に仮の二重をつくる目的でつくられています。

ですが、夜用アイプチは二重になるために独自で開発された特別な成分を配合しているので

二重の癖がつきやすく、数週間〜数ヶ月使ったらアイプチが必要なくなってしまったという人も多くいます。

あい
なるほど!だから二重の癖がつきやすいんですね〜
さえはる
実際に私の友達にも夜用アイプチで二重になったという人がいますよ♪

また、美容成分や保湿成分など、肌に優しい成分を配合しているアイプチが多いので

敏感肌の人でもまぶたが荒れにくく安心して使えるという点がメリットとして挙げられます。

あい
夜にアイプチするのってちょっと怖いですもんね
さえはる
私がアイプチの中で、今、最も注目しているアイプチです♪

 

夜用アイプチのデメリット

  • ドライアイになる可能性がある
  • 価格が高い

 

夜用アイプチのデメリットは、ドライアイになる可能性があるということです。

夜用アイプチは、接着式タイプと同じようにまぶたの皮膚同士を液体のりで接着させて二重をつくります。

そのため、寝ている間は目を完全に閉じることができません。
(アイプチを使っていないときと比べて)

さえはる
私の場合、朝起きたら目がカピカピになってました・・・
あい
え・・・

目を完全に閉じることができないということは、

目が乾燥してしまうことにつながり、ドライアイになる可能性を高めてしまいます。

また、夜用アイプチは価格が高いものが多いというデメリットがあります。

さえはる
正直、中高生のおこずかいから考えるとお財布に与える打撃はかなり大きいですね・・・
あい
私のおこずかいも少ないんですよ〜(泣)

これは、二重になるための成分や肌に優しい成分を配合しているためです。

せっかく買ったのに損をした!
ということを避けるためにも

口コミで効果や配合されている成分を、しっかりと確認してから購入する必要があります。

さえはる
値段が高いぶん効果も期待できますよ♪
あい
なるほどですね!

非接着式タイプ(折り込み式)

(出典:折式/D-UP

非接着式タイプのアイプチは

接着式タイプや夜用アイプチのようにまぶたの皮膚を接着するのではなく、まぶたに液体のりを塗り

乾かすことで透明な薄い膜を作ります。

そして、その膜の上にまぶたがかぶさる(折り込まれる)ことで二重をつくるアイプチです。

さえはる
このことから、折り込み式とも呼ばれます。
あい
まぶたが折り込まれるから、折り込み式・・・なるほどですね!

 

非接着式のメリット

  • 接着式タイプより、自然な二重を作れる
  • まぶたにかかる負担が比較的少ない

 

非接着式タイプのメリットは、

まぶたの皮膚を接着しないで二重をつくるので

接着式タイプのアイプチに比べ、自然な仕上がりになるということです。

ほとんどの学校ではメイクが禁止なので

接着式タイプのアイプチだと先生に見つかって怒られてしまうことがありますが、

非接着式タイプならバレにくいので学校で使用している人も多いです。

あい
私の学校もメイクが禁止されています〜

また、まぶたの皮膚を接着させないためまぶたの皮膚にかかる負担が少ないという点もメリットとして考えられます。

さえはる
実際に学校で使うかは、自己判断でお願いしますね♪

 

非接着式のデメリット

  • 接着式タイプより価格が高い
  • まぶたが厚い人は二重になりにくい

 

非接着式タイプのデメリットは、接着式タイプのアイプチより価格帯が少し高めという点が挙げられます

毎月使えるお金が限られている学生さんにとっては、少し負担になってしまいますね。

さえはる
高校生のときの私のお小遣いでは、お財布への打撃が大きくて買えませんでした(泣)

また、まぶたの厚みによっては二重になりにくい場合もあるので、

実際に使ってみないと自分に適したアイプチなのか判断が難しいという点もあります。

あい
私のまぶたで二重になれるかな・・・
さえはる
まぶたの厚みに関しては対策をとることで、二重になりやすくなります♪

テープタイプの種類と特徴

テープタイプは、シールのような

テープ(または、ファイバー)をまぶたにつけ、まぶたに食い込ませることで二重をつくることができます。

テープタイプは、目の形に合わせてテープ(ファイバー)をカットすることができるので

自由度が高く、つくりたい二重に合わせて気軽に形を調整できます。

さえはる
テープタイプも根強い人気があります♪
あい
なんか図工みたいで面白そう!

テープタイプのアイプチには3つのタイプがあります。

  • 片面接着式
  • 両面接着式
  • ファイバー式

これら3つの特徴やメリット・デメリットについても詳しく見ていきましょう!

片面接着式(アイテープ・絆創膏)

片面接着式は、テープの片面をまぶたにつけて、テープの上にまぶたをかぶす(折り込む)ことで二重をつくることができます。

さえはる
二重になる原理としては、非接着式タイプ(折り込み式)のアイプチと同じですね!
あい
本当だ!おんなじですね♪

片面接着式のテープは、透明なものや半透明なもの、肌馴染なじみの良い肌色など種類が豊富で

肌の色に合わせてテープを選ぶことができます。

 

片面接着式のメリット

  • 接着させないので、まぶたがつっぱりにくい
  • コスパがよい

 

片面接着式のメリットは、非接着式タイプと同じようにまぶたの

皮膚同士を接着させないので目がつっぱらず自然な仕上がりになることが挙げられます。

また、絆創膏ばんそうこうなどで代用すれば、安く、大量にテープをつくることができるので、

アイプチ選びで失敗したくない、アイプチになるべくお金をかけたくない、という中高生のお財布でも安心して使えます。

さえはる
二重になりたいけど、なるべくお金をかけたくないというのが本音ですよね
あい
お金かけたくないっ!けど二重になりたい(笑)

非接着式タイプのアイプチは高くて買えないという方は、絆創膏ばんそうこうからチャレンジしてみるといいと思います。

 

片面接着式のデメリット

  • リキッドタイプより接着力が弱い
  • 使い方によってはテープバレする

 

片面接着式のデメリットは、接着式のアイプチと比べると

接着力が弱く、時間がたつと目尻や目頭の方からテープが徐々に取れてしまうことがあるということです。

接着式タイプのアイプチと同じように、運動の後はテープがとれやすいorとれている可能性があります。

さえはる
これは注意が必要ですね!
あい
私、汗っかきだから大丈夫かな・・・

また、テープの幅が広いと二重をつくったときにテープバレしやすくなってしまうというデメリットもあります。

そのため、テープをメイクでカバーする技術も必要になってきます。

さえはる
マットなアイシャドウと使うと肌に馴染なじんでくれますよ〜♪

 

両面接着式(アイテープ)

両面接着式は、テープの両面をまぶたに接着させることで二重をつくることができます。

二重になる原理としては、接着式タイプのアイプチと同じですね。

さえはる
片面接着式(アイテープ)が両面になったものと考えてくださいね♪
あい
は〜い!

両面接着式は片面接着式と同じように、透明なものや半透明なもの、肌馴染なじみの良い肌色など

種類が豊富で、肌の色に合わせてテープを選ぶことができます。

 

両面接着式のメリット

  • キープ力が強い
  • 二重が簡単につくれる

 

両面接着式のメリットは、キープ力があり比較的まぶたが厚い方でも二重をつくりやすいということです。

接着式タイプのアイプチと同じように、まぶたの皮膚同士を接着させて二重をつくります。

そのため、まぶたの皮膚が厚い人でも比較的、長時間二重をキープすることができます。

さえはる
二重になる仕組みは接着式タイプのアイプチと同じなので、両方試してみてもいいですね♪
あい
いろいろと試したくなってきました♪

また、二重にしたいラインにテープを貼るだけなので初心者の方でも扱いやすく、

簡単に二重をつくることができるということがメリットとして挙げられます。

さえはる
両面接着なので、くっきりとした二重になってくれますよ♪

 

両面接着式のデメリット

  • 肌にかかる負担が大きい
  • 汗に弱い

 

両面接着式のデメリットは、まぶたの皮膚を接着させて二重をつくるので

リッキドタイプの接着式と同じように長時間使うと肌にかかる負担が大きくなってしまうという点が挙げられます。

テープで人工的に二重をつくるため負担がかかることはある意味、仕方がないことですが

長時間の使用は肌トラブルや、まぶたが伸びる原因になることを覚えておきましょう。

あい
まぶたに負担がかかっちゃうんですね・・・

また、テープタイプは汗に弱くアイテープをしたまま運動などをすると取れやすくなるというデメリットもあります。

リキッドタイプの接着式と同じように体育の授業や、授業中のいねむりのあとは注意が必要です。

さえはる
ただし、授業中はなるべく集中しましょう!
あい
りょうかいしましたー!

ファイバータイプ(メザイク)

ファイバータイプは、ファイバーと呼ばれる粘着性のある糸のようなものをまぶたに食い込ませることで二重をつくることができます。

ファイバータイプは、医療用の粘着剤やファイバーを使用しているものも多く、アイプチで心配な肌トラブルが起きにくいのが特徴です。

さえはる
よくメザイクって呼ばれますね
あい
メザイクって聞いたことあります!

 

ファイバータイプのメリット

  • 本物の二重のように見せることができる
  • くっきりとした二重をつくれる

メリットとしては、極細のファイバーをまぶたに食い込ませるので目立ちにくく、メイクの仕方では本物の二重のように見せることも可能です。

私がファイバータイプを初めて見たときは

「こんな細い糸みたいので本当に二重になれるの!?」という印象でした(笑)

あい
なんだかすごい技術ですね〜!
さえはる
初めてファイバータイプを知ったときは、本当におどろいた記憶がありますね

また、肌への馴染みがよくファイバーをしっかりとまぶたに食い込ませて二重つくるので

くっきりとした二重をつくることができるのもファイバータイプのメリットの1つです。

さえはる
今でも使うたびに面白いな〜と思ってしまいます
あい
私も一回くらい使ってみたいなぁ〜!

 

ファイバータイプのデメリット

  • 手先が器用でないと難しい
  • コツをつかむまで、時間・コストがかかる

 

ファイバータイプのデメリットは、細かい作業なので扱いが難しく慣れるまでに練習が必要です。

手先が器用な人や、細かい作業が好きという方には向いている二重コスメですね。

さえはる
私は不器用なのでコツをつかむまで結構、苦労しました(汗)
あい
さえはるさん〜!私も不器用ですよ・・・

ファイバータイプは扱いが難しいので、

納得いく二重がつくれるまではファイバーを多く消費してしまい、慣れないうちはコスト面で不安な面があることもデメリットとして挙げられます。

さえはる
コツさえつかんでしまえば、ファイバータイプしか使えない!という人いますよ♪
あい
なるほど〜!なんだかアイプチの全体像が見えてきました♪

まとめ

アイプチの種類についてまとめると

  • アイプチはリキッドタイプとテープタイプの2つがある
  • リキッドタイプは、接着式、夜用、非接着式がある
  • テープタイプは、片面接着式、両面接着式、ファイバータイプがある

アイプチにも色々な種類が合って、それぞれ特徴がありましたね。

正直、アイプチとの相性は使ってみないとわからない部分も沢山あります。

初めは無理に高いアイプチを使うのではなく、1000円以内のアイプチを使うのが良いかなと思います!

色々なアイプチを試して、あなたに一番合ったアイプチを見つけてくださいね♪